what a wonderful records
 
 
code. 0001
広告音楽制作
宮脇 孝之  35歳
プラントリウム代表

http://www.plantrium.com

 

 


next:
仲村千穂
(Sony Music Entertainment)


code. 0001 -2006.3.20-
広告音楽制作
宮脇 孝之

 
l どんなお仕事ですか?
 あらゆる広告の音楽を作曲して、音を素材として納入するお仕事です。

この仕事をはじめるきかっけは?

 もともとバンドを組んで活動していたんですが、そのときにPV(プロモーションビデオ)を、自分自身で作ってみたんです。
 それを機に、映像の世界に足を踏み入れることになりまして…。なんだかんだで、映像の仕事の依頼が増えてきて、事務所を構え本腰を入れて仕事に取り組みました。その頃ちょうどブロードバンド化の波とともに新たな広告媒体としてWEBサイトのあり方が様変わりしはじめ、広告を手がけるプロダクションも案件が増え手間はかかるが、予算が…みたいな時、仕事がきはじめました。映像、WEB,音楽、が一応業務的にこなせたので、一切合財まとめてなんぼ?みたいな、ローコスト下請けとして扱いやすかったんではないでしょうか?
  てな具合で、映像のお仕事にくっついて音楽のお仕事も来るようになりました。

手がけたお仕事の内容とエピソードを教えていただけますか?

 昨年末に、某コーヒーメーカーさんのスペシャルサイトの音楽依頼を受けたのですが、それが結構難しくて・・・画面上にリビングルームがありましてそこにある多数のアイテムをクリックしていくと曲が完成していく仕組みで、全部完成するとその曲がスペシャルムービーにのって再生されるというお仕事でした。
 まず、クリックされるアイテムに限りがあるので、音数という意味でもシンプルな曲が要求されました。とりあえずアイテムの順番とアニメーションのタイミングなどを監督と打ち合わせ、曲を作りました。
今度は編曲です。サイトの世界があるアニメーション作家のイラストの世界で出来上がっていましたので、全部生だな!とまず思いました。
  僕は、楽器屋さんを巡って、おもちゃの楽器や教材楽器を買いあさりました。縦笛、鉄琴、トライアングル、鈴、タイコ、などなど…。道具を揃えた時点でほぼ完成は見えてきてましたのでここで一安心。仕事仲間のミュージシャンとエンジニアのサポートを受けて、レコーディング!順調にひとつひとつこなして完成に至りました。小学生以来の楽器もあったので楽しみながらのレコーディングでした。

失敗談をひとつ

 まだ音楽のお仕事を依頼されるようになったのは最近なので、これといった失敗はないのですが、本数を重ねるうちにきっと必然的に起こってくると思います。
  でも、経験上、失敗があるとほんと、失うものより学ぶもののほうが、多いなと実感します。何か、弟子入りして師匠に諭されているような…。
  お客さんに迷惑にならない程度の失敗は成長の糧になるはずなのでいっぱい失敗してよりクオリティーの高いものを作っていきたいです。


これからこのお仕事を目指す人へアドバイスをお願いします。

 僕もまだこの仕事をはじめて間もないのでなにもわからないペーペーですが、ひとついえることは、音楽の要求を音楽だけで答えていてもいいものはできません。
 お客さんや代理店が広告に求めている例えば、商品や技術の訴求やキャッチコピー。あらゆる情報をインプットして音楽としてアウトプットするということです。
 発生の根拠を音で表す。むつかしいけどやめられまへんな〜。

宮脇孝之(プラントリウム代表)
http://www.plantrium.com