サポートの方たちに最初ビックリされる事もあります。

ー秋にアルバムを出すために現在レコーディング中だそうで?

大野 フルアルバムってこんなに先が見えないというか、録っても録ってもまだやる事があるというか。なんといっても曲数が多いので、アレンジが決まるまでが長くて、ああでもないこうでもないと Pro Tools で延々とやってる感覚ですね。

ー楽器も色々入れてるんですよね?トランペットとか。

大野 下手なりに、何とか吹きました!ブラスのフレーズを考えるのも初めてだったんですが、色々研究して、それはとても楽しかったです。曲数あるから同じアレンジじゃいけない、色を付けなきゃという意識もあって、楽器も色々やったり、ドラマーが今居ないので打ち込みも今回は結構多いです。

ードラマーさん抜けちゃったもんね。今は募集は?

大野 全然してなくて、今わりとオリジナルメンバーに手伝ってもらったり、サポートメンバーも合う人が分かって来たのでその中でやろうかなという感じですね。やっぱり10年以上一緒にいるから、今からメンバーに入るのはその方が大変かも知れないですね。独特の「あ、うん」の呼吸がありすぎて(笑)、申し訳ないかも…。リハでもみんな言いたい放題で、サポートの方たちに最初ビックリされる事もあります。「けんかしてるんじゃないか」って。メンバー間は何も遠慮がないので、「そのフレーズ、ださい」とか皆、平気で言い合うんですね(笑)。でもリハ終わったら普通に仲良くご飯食べてたりして、後に残らないです。

ーだからこそかな、基本的には仲良いものね。

大野 そう思います。さすがにすごい一緒にいるから、わざわざみんなで一緒に遊ぼうってのは今はもう照れくさくてアレですけど。私が“情熱”と“やる気”担当みたいなところがあって、メンバーはそれを支持してくれるというか応えようとしてくれるんです。仕事っぽさを超えたところにある、と言ったら変ですけど。みんな私生活とかも色々変わっていく訳で、そんな中支えられてる事がありがたいなと最近はすごい思います。

ーあと、二面性があっていいよね。バンドがわりとギターの存在感があるのに、実はピアノ弾き語りも出来ます、みたいな。

大野 どっちも好きなんですよね。私ピアノなんで、ギターバンドがやりたくてバンドをやりだしたようなところがあって、バンドの面白みはそこにもありますよね。だからできる限り両方やりたいなと思います。一時は弾き語りとバンドの曲の歌詞のキャラを分けた方がいいのかなとか思ったりもして。「waffles は男女問わず聴けて、もっと爽やかでなくてはいけないのかな」とか。色々悩んで一周して、ようやく「今歌いたいこと」を、バンドでもソロでも素直に歌えるようになった気がします。


東京はゼロから自分の居場所を作っていかなきゃいけない感じ。

ーなんかね、wafflesの歌詞は昔を思い出させるんですよ。青春ポップというか。

大野 そうですね、愛媛にいた頃の高校時代の映像がいっぱい残ってて、イメージとしては四国の風景が多いと思います。私、「絶対、東京に行く」って決めてたんですよ。それこそシブヤ系の音楽とか好きだったんですけど、あまりに遠くて情報も入って来ず。だから受験勉強はしてたけど、音楽をやるために頑張って東京に行くぞって。

ー音楽がやりたくて東京に出たいってのはすごく分かるなあ。

大野 行けばどうにかなると思ってたんですよ。でも来てみたら、なんか思いのほか東京になじめず(笑)、ひきこもり。1年くらいひきこもってたなー。で暇すぎて、ギターとパソコンをそこで覚え。大学2年になってからこれじゃいけないとバンドメンバーを探すためにサークルに入って、今のメンバーに会ったんです。

ー高校の時思い描いてた東京とは違ってた?

大野 私本当に世間知らずだったんですよ、田舎育ちだったもんで。一応進学校にもいて、好きにバンドもやってて、恋に恋するお年頃で皆でキャッキャやってたし(笑)、充実してたんですよ。だからそのまんまの勢いで東京行ってどうにかなるかなと思いきや、大学に集まった人たちのパワーとかに尻込みしちゃって。どうやって自分の場所を作ったらいいか分かんなくて。東京はゼロから自分の居場所を作っていかなきゃいけない感じ。それが分かんなくって計算もできなくて、人生で初めて「学校が嫌い」になりかけたり。何とかメンバーを見つけてバンドも始められたけれど、「このままじゃ大学生活、不完全燃焼だ」と思いNYに行って、でもそこでもまた挫折感や人恋しさを知って、自分が何者なのかを考えさせられたり。そういう人生経験があってからちゃんと曲が書けるようになったと思うんです。

ー具体的な今の夢とかありますか?

大野 夢、なんだろう。でもほんとにうちらのバンドすごいフワフワしてて。わりと作る事だけにエネルギーを注いで、完成したら割とぼーっとしちゃうんですが(笑)。ただ「この創作のエネルギーはいつまで続くかな?」と不安になるときはあって。でもエネルギーがある限りは絶対、続けたいです。こうして皆でモノ作りをできるのは永遠じゃないんだな、と気づくたび、だからこそ今を精一杯やろう、といつも思います。

 

インタビュー: 高橋慎一郎 (四谷天窓)
写真撮影: ほんまゆり http://handxhand.net/

 
音波マガジン
2009年7月号表紙
大野恭子(waffles)
(おおの・きょうこ)
 
 男女3人組バンド「waffles」のピアノボーカル、作詞作曲を担当。松本隆からも応援のポップスを軸に様々なジャンルの要素を取り込みながら、独特の歌詞をあたたかい声と演奏で奏でている。都内を中心にライブ活動を行っており、ソロとしてもピアノ弾き語りライブを定期的に開催。TV/CMなどメディア媒体での歌唱も行っている。
http://www.waffles.jp/