カホン村岡広司 presents 【SMILE BOX vol.5】
 
アーティストが届けるさまざまな感情の笑顔。カホンという箱、ライブハウス空間というハコ。そして、そこに集まった、みんなで創りあげるSMILE BOX。2010年にvol.1が開催されて以来、毎回満員・大盛況の絶対オススメのライブイベント。2011年6月には渋谷BOXXで開催し大成功。4組の出演アーティストと主催者のカホン村岡広司がコラボする、それだけでは説明のつかない、楽しくてそれでいて心に染みるライブイベントとして反響を呼んでいる。
 
日時:2012年1月17日(火) 18:00開場/18:45開演
チケット:前売¥2,500/当日¥3,000(+1drink)
購入方法:アーティスト手売、アーティストHPメール予約等
入場方法:チケット番号順
会場:DUO MUSIC EXCHANGE http://www.duomusicexchange.com/

出演:村岡広司/栗田大介/野村太郎/カケラバンク/宮 武弘(from Natural Records)/and more !!
ゲストパフォーマンス:小林和弘(カホン)/レオナ(タップ)/橋本嶺(ライブペイント)

『音楽も笑顔も、いろいろあって似てるな〜って思うんです。思いっきり楽しんでる時の目一杯の笑顔、涙を出し尽くすくらいに泣いた後にフッと出る笑顔。誰かの言葉や誰かの音楽で少しだけ前向きになれた時の表情にはうまく出せない心の中の笑顔。いろんな笑顔があって、どれも大事な笑顔だと思う。そんないろんな感情の笑顔を音楽で届けてくれる素晴らしいアーティストと、僕が愛して止まないカホンという楽器と、そしてそれを暖かく包み込むライブハウスで何か出来ないかと考えて、このSMILE BOXというイベントを開催させてもらうことになりました。そして今回、vol.5にして会場は渋谷duo MUSIC EXCHANGEという大舞台。でもきっと今回も、四谷天窓と同じあのあったかい空気感に包まれるんだと思います。「こういう笑顔になりたかった」、イベントが終わった後にそう感じてもらえたら嬉しいです♪』 村岡広司

イベント公式サイト:http://murahiro.com/sbox.html
 
村岡広司
(むらおか・ひろし)
山口県下関市出身。B型。双子座。食いしん坊。高校で吹奏楽部に入りトランペットを吹き、初めて音楽に本格的に取り組む。この頃から少しずつ作曲活動を始める。高校を卒業し某大企業に就職が決まり上京するが何を血迷ったか音楽活動に専念するため一年で退社。作詞作曲活動を続けていたところ自分の曲のベースが弾きたくなりベースを始める。

様々なバンドを経て、2001年にROBERT J STOCKPILE(通称RJS)というバンドにベーシストとして加入。活動していく中、カホンという打楽器にも出会いベースと同様に魅力に引き込まれる。

・2006年夏、車一台で約2ヶ月かけて日本全国各地でストリートライブをするという、全国ツアーを敢行。
・2006年12月、RJSを脱退。
・2009年1月11日、自身初となるワンマンカホンイベントを四谷天窓にて開催。ライブ1ヶ月前にチケットソールドアウト。
・2010年9月、SMILE BOX vol.1 イベント立ち上げ。
・2011年6月、渋谷BOXXにてSMILE BOX vol.3を開催。大成功をおさめる。
・2011年7月、フジロックフェスティバル2011に出演。
・2012年1月、渋谷duo MUSIC EXCHANGE SMILE BOX vol.5 開催決定!

現在はカホンの魅力にどっぷりつかりつつ自身の音楽活動と様々なアーティストとのコラボやセッション活動、食べ歩きに励む毎日。

http://murahiro.com/
 
栗田大介
(くりた・だいすけ)
2011年 作詞作曲をしながら「栗田大介」としてソロ活動を始める。
2012年 都内を中心にライブ活動を展開、レコーディング、CDリリース予定。

会場でお待ちしてます!
LOVE & PEACE...

http://kuritadaisuke.com/
 
野村太郎
(のむら・たろう)
幼少の頃から常に何かの歌を口ずさみ、小学4年のとき校庭ですれ違った女子に「野村が歌ってないの珍しいね。」と指摘されそのことに気付く。驚く。中学3年の音楽の授業でギターを弾き始め、テストの課題曲「四季の歌」を完全に無視し、「いちご白書をもう一度」をクラシックギターで熱唱。初ライブとなる。高校生になり、友人のバンドにボーカルとして誘われ宇都宮のライブハウスに出演、その頃から少しずつオリジナル曲を作り始める。高校卒業後上京。共に上京したメンバーと「P-SHOOTER」を結成。都内ライブハウスを中心に精力的に活動するも、02年、相棒脱退を理由に解散。ソロ活動をスタートさせる。

自主制作CDとしてミニアルバム1枚、マキシシングル1枚、フルアルバム1枚を発表後、アルバム収録曲「リンネ」がFM横浜「横浜ミュージックアワード」のリスナー投票で1位を獲得。'08年4月、ミニアルバム「リンネ」を全国リリース、渋谷でのワンマンライヴをソールドアウトさせる。以後ワンマンライブは軒並みソールドアウト。'08年5月、bayFM公開収録「LaLaport MUSIC JAM」出演。DJ、リスナーに好評を得る。'10年5月、マキシシングル「マボロシ/愛になる」を発表。

2010年よりアーティスト名を本名の「野村太郎」に変更。現在、バンド編成や弾き語りなどで都内ライブハウスを中心に活動中。

http://nomurataro.com/
 
カケラバンク
京都での2年間の活動を経て2008年4月に東京に上京した、アコースティックギターとパーカッションという生楽器の温もりで「懐かしさと新しさ」を繊細に生み出す二人組「カケラバンク」。自分の事、家族の事、生きる事、愛する事に対して、心の中に誰もが抱える見たくない痛みや悩み達。でも、その小さなカケラと日々向き合う作業こそが「本当のポジティブ」なんだと。櫻井幹也のダイレクトな歌詞と声、伊藤弘の感情的な打楽器が奏で届ける。2008年のYAMAHA主催の「Tokyo Band Summit2008」で1000組弱の中から優勝する等、過去三度のグランプリ獲得経験を持つ。又、2009年2月には香港で行われた「Asian Beat」にゲスト出演し、初の海外ライブを成功させアジアへも活動の幅を広げている。

http://www.doublewing.co.jp/kakerabank/
 
宮武弘 from Natural Records
(みや・たけひろ)
爆発的なライブパフォーマンスが話題のバンド「Natural Records(ナチュラルレコード)」にて、歌とピアノを担当。2011年夏にはアルバム「GOING UP」をリリース。ツアーファイナルは、渋谷CLUB QUATTROにてワンマンライブを行い大盛況となる。その他、ap bank Fes などの野外フェスにも出演など、全国各地で活動中。

ソロではピアノの他、ウクレレでのアコースティックライブを全国のカフェ、レストランにて行っている。2011年12月にはソロアルバムもリリース! FMおだわらで12月から放送の番組「Relax & Music」でパーソナリティーをつとめるなど、多彩な活動で言葉と音楽がどんどん広まってきている。好きなアーティストは、Kenny Rankin、Theatre Brook、岡本太郎など。料理、旅、サッカー、猫をこよなく愛するシンガーソングライター。

Natural Records オフィシャルサイト
http://www.naturalrecords.net/
宮 武弘 オフィシャルブログ
http://blog.livedoor.jp/takehirooo_life/
Twitter:@miya_takehiro
 
ゲストパフォーマンス
KAZU
中学高校時代に吹奏楽部でドラムを担当。音楽学校在学中、東京ディズニーランドのバンドオーディションに受かった事をきっかけにプロ活動を開始。本格的なバンド活動を経た後、多くのアーティストのライブ、レコーディングでのバックを務めるようになる。ルーツミュージックを基盤とした歌心とグルーヴ感のあるドラム演奏と独自のスタイルを追求したカホンのプレイには定評がある。2008年から自身のプロデュースイベント、Music Gallery Zuzuを主催。第八夜となる「@JZ Brat」に至るまで毎夜大盛況。現在もその幅をジャンルレスに拡げながら「高み」を目指し、日々駆け廻り演奏活動中♪

「tenma-duo 6days」1/19(木)【Music Gallery Zuzu 第九夜】のオーガナイザーでもある。

http://ameblo.jp/drumskazu/
 
トップページへ

Copyright 2011, (c) OTONAMI All Right Reserved.